アースデイみやぎ大崎2018

化女沼古代の里

2018年6月3日(日) /10 時〜16 時

 アースデイは、地球環境について考える日として提案されたお祭りです。1970年にアメリカのサンフランシスコで始まり、それ以降、全世界でアースデイのイベントが実施されています。宮城県大崎市では3年前からアースデイのイベントを開催し、今年で4回目を迎えます。

 

 大崎市は豊かな地域資源に恵まれています。美しい自然、魅力的な食材、暮らしている人々、創り上げてきた文化。そのような魅力があるということを、地球の未来を担う おおさきの子ども達「おおさきっず」に伝えたい。そして、大人も一緒になって、これからの未来について考える場にしたい。みんなで考え、みんなで共有し合い、エコロジカルやローカル、オーガニックを”自分ごと”として捉え、新しい一歩を踏み出すきっかけをつくります。

 

 縄紋文化研究会では、縄文土器ワークショップを通して古代の文化に触れる体験をお手伝い。また「縄文土器料理」で使用する縄文土器の提供を行います。

 ぜひ、会場で縄文文化を体感してください。



サステイナブル縄文展

風の沢ミュージアム内ギャラリー

2018 年4 月27 日(金)〜5 月6 日(日)/10 時〜17 時

 1 万年以上続いたとされる縄文時代。これほど長期で1 つの時代が続いた歴史は世界に例がなく近年、世界からの注目度が増しています。現代社会が求めている自然とのバランスや、社会のヒントは縄文時代にあるのかも知れません。本展においては、土器・土偶の展示を通して、縄文という時代に想いを巡らせ、地続きとしての“縄文時代”を感じ得る一つの機会にできればと考えております。



サステイナブル縄文展

縄紋文化研究会について

お問い合わせ